施術を受ける前にチェック|ボトックス副作用を詳しく知っておこう

メスを使わないから安心。ボトックスを受ける方へ
レディ

効果を活かす相談方法

美容で使用する薬品の多くは副作用を抑える形で施術を受診するか、副作用のない施術を受診する事で解決できます。ボトックス副作用はこの二つの防止策のどちらも利用できるので、注入場所に合わせてそれぞれ医師の防止策の提案を受けてください。

注射

注射一本で美容効果がある

ボトックスは、注射一本で美容効果が得られるのが特徴の美容施術です。心配なのはボトックス副作用ですが、安全性の高いボトックス薬剤を使用し、技術力の高い医師による施術を受ければ、ほとんど心配する必要はありません。

研究の成果です

ドクター

利用と防止の組み合わせ

ボツリヌス菌から作られる製剤は筋弛緩作用が強いため、表情筋の干渉から皮膚のシワを取り除けます。このボトックス副作用と呼ばれている表情筋の停止が非常に重要で、眉間の動きで表情を柔らかくしたい人が受診する要因になっています。他にも筋弛緩作用で改善できる首や肩のコリを含めた精神の緊張にも役立つので、治療の上でボトックス副作用は人気の高い要素となっています。また製剤は注射による注入で行われるため、ボトックス副作用を軽減したい方は注入量を減らしたり、注入場所を変える事で対応できます。特に咬筋の様に普段から動かす事の多い場所への注入の場合、ボトックス副作用が発現しても、術後動かしていく事で違和感を改善していけます。なので注入場所を側頭筋にしてもらい、食生活に支障がでないような注入を医師に検討してもらいましょう。同様の理由で皮膚のたるみも術後注入場所に近い筋肉をある程度動かしていけば、筋肉が鍛えられ徐々に皮膚のたるみが改善されていきます。なので必ず注入場所を医師に相談し、どの筋肉が縮小するのかを把握した上で受診して、ボトックス副作用に対応する方もいます。ただし不妊治療中や妊娠中に製剤注入を行った場合の副作用は、避妊する事でしか防げないので、パートナーがいる方は性交渉を控えるようにしてください。これらのボトックス副作用の防止法の他に、使用するボトックスを変える事で防止する方法も人気です。例えば日本国内で販売されているボトックスの中には、厚生労働省から認可を受けたタイプが存在します。品質管理のマニュアルを行政が厳しく設定しているため、ボトックスの副作用防止法として高い効果を期待している方が多くいます。同等の理由で海外でも行政の安全管理機関から認可を受けているボトックスがあり、価格と安全管理方法が違うだけなので医師に相談して使用する物を決めましょう。また安全性からボトックス副作用を防ぐならば、ボトックスのジェネリックも非常に高い人気を誇っています。ジェネリックとは後発販売されているタイプの治療薬を指し、先に販売された薬品の生成法を参考にして作られています。そのため先発の物よりも安全性が高いので、様々な機関で数多くの積極的使用事例が多く報告されている程の人気になっています。ボトックス副作用についても生成過程で軽減する事に成功している物もあるので、使用する製剤から受診する病院を選ぶのもお勧めです。加えてジェネリックは価格と効果の高さが反比例になる程コストパフォーマンスが高いので、副作用と予算を天秤にかけたくない人が受診を検討しています。

ナース

安全性の高さが魅力

ボトックスの副作用は、それほど大きな後遺症になるものではないといったことを覚えておいてください。現在は保険適用外なので費用は掛かりますが、一般的な美容外科施術の中では非常に安価で効果的な施術方法だといえます。
注射器

手頃に試せる美容整形

ボトックスは副作用も報告されていますが、リスクについて理解しておけば決して怖くはないので、シワ改善のための友好的な手段として利用しましょう。注射後しばらくしてから効果が現れたりしますから、継続的に行っていくことが推奨されています。