施術を受ける前にチェック|ボトックス副作用を詳しく知っておこう

カウンセリング

効果を活かす相談方法

レディ

リスク回避の手段とは

美容に対して複合的な目的で使用できるボトックスは副作用がありますが、それらを防止する事でより高い美容効果を期待できます。頻繁に用いられる方法として、ボトックス注射によるシワを含めたアンチエイジングが有名ですが、これは表情筋の状態を変える効果があります。よってボトックスを注入する前に医師と注入場所をよく相談し、結果のシミュレートを行う事で意図せぬ変化を防ぐ事が重要になります。高い技術を持った医師の場合、最低限の注入量で表情を大きく変える事も可能なので、積極的に相談し理想の施術結果を得る様にしましょう。またボトックス注射で美脚効果を期待する方は、より慎重に注入量を医師に相談し適切な施術を受けるようにしてください。注入場所によってはふくらはぎの筋肉が細くなり、転倒の原因を作る事になるので検査で足の筋肉量を把握してからの受診がお勧めです。さらに顔を含めた上半身にボトックスを注入する場合は、腫れや内出血の可能性を考慮してから受診する必要があります。一般例の施術ではダウンタイムは凡そ3日前後発生しこの間に腫れや内出血が起こるので、土日を含めた休日での受診を強くお勧めします。診察結果にもよりますが、術後の出血が止まればボトックス副作用を無視して化粧ができるようになるので、医師の指示に従ってください。以上の方法は筋力に干渉するため、施術内容によっては皮膚がたるんでしまう副作用がありますが、副作用を完全に防ぐ形でボトックスを利用する方法もあります。それが発汗や皮脂分泌を抑える目的で使用するボトックスで、この場合はボトックス副作用は一切存在しないので、気軽に受診できます。顔の皮脂を抑制する目的で注入する場合も、施術痕を化粧で隠せるので美容整形の副作用が気になる方は受診をお勧めします。反対にボトックス副作用を全く隠す事ができない場合もあるため、この点も留意する必要があります。その代表例がエラに対するボトックス注射で、エラをボトックスで解決する事はできますが、骨格が目立ってしまう可能性があります。骨格自体はボトックスで解決できないため、医師への注入量の相談が施術結果に大きく影響してきます。また発達した筋肉がエラになっているので、他の部位への施術よりもボトックス副作用として皮膚のたるみが発生しやすくなります。加えて顔の可動部分に注入するため、経過観察の過程で表情を作れなくなる可能性がある点も留意してください。尚皮膚のたるみは経過観察である程度改善されるので、医師からのアフターケア受診を含めたスケジュールを立てるようにしましょう。