施術を受ける前にチェック|ボトックス副作用を詳しく知っておこう

カウンセリング

手頃に試せる美容整形

注射器

安価に美しさを手に入れる

美容整形施術というと、女性にとって憧れが強い反面、副作用などのデメリットが気になるものです。美容整形施術を受けるのは初めてだという人は、まずはボトックス注射から試してみましょう。ボトックスは、美容だけでなく医療目的にも使用される薬剤です。筋肉に関するあらゆる病気の治療に使用されていて、日本では1997年に厚生労働省の認可を受けています。このことからも、非常に安全性の高い薬剤であることが証明されているといえるでしょう。ボトックス自体は副作用が少ない優れた薬剤ですが、品質によって安全性に差があるようです。ボトックスを開発したアメリカのアラガン社のものであればいうまでもなく品質が高く安全性は高いといえるのですが、中国や韓国で作られた安価なボトックスでは、副作用の発生報告が後を絶ちません。美容整形外科クリニックで施術を受けるのであれば、施術内容や費用はもちろんですが、ボトックスの生産国やメーカー、副作用の有無についても確認しておきましょう。ボトックス注射は、医者の診察室で行えるため、10分から30分程度で施術が終わります。施術を行った当日にも仕事をしたり家事をするなど、支障を感じることなく通常の生活を送ることができるでしょう。激しい運動をすることは禁止されますが、施術後にはすぐにお化粧をして帰路につくことができます。ボトックス注射ではかなり細い針を使って、1〜2センチおき皮膚の下に少量のボトックスを注入します。ボトックスは注射ですから施術中当然痛みは発生しますが、大人なら我慢できる程度であり安心です。注射の潜在的不快感を和らげるために、医者に頼めば麻酔を使用してくれることもあるので、注射が怖いという人や痛みに弱い人は、事前に医師に相談しておくと良いでしょう。効果を継続させるには提起的にボトックス注射を打たなければなりませんが、半年から一年は効果が持続するため、頻繁にクリニックに通う必要はありません。ボトックス治療は健康保険適用されず自費診療となり、治療が必要とされる体の部位の広さにより価格は異なります。施術する病院や使用薬剤により値段は変わりますが、1回7〜10万円が相場となります。定期的にボトックスを注入するなど複数回通院することで割り引いてくれたり、あらかじめ複数回分申し込むことで割り引いてもらえることがあるので、費用計画もしっかりと立てて申し込みましょう。ボトックスは、筋肉の動きを抑制させる効果があり、しわ対策として利用されています。事前にボトックスの特性や美容外科の施術内容について調べておけば決して恐ろしい治療ではないので、気軽に試してみましょう。